ないと困る健康保険のお話

保険と聞いて思いつくのが生命保険や健康保険ではないでしょうか??

もちろん、他にも医療保険や火災保険、自動車保険、学資保険など数え切れないほどたくさんの種類があります。

ここでは健康保険について考えてみたいと思いますが、健康保険には国民健康保険と社会保険があることはほとんどの人が知っていることだと思います。

基本的に公務員ではなく会社などに勤めている人は社会保険で、自営業者などは国民健康保険となっています。

いずれにしても、いざというときに健康保険に加入していないと、大変な思いをすることになります。

日本は国民皆保険制度ですが、健康保険に入っていない人というのも増えているようです。

たとえ任意の生命保険などに入っていなくても、健康保険があれば、ケガや病気などで病院に行ったとき、健康保険証を提示することにより、医療費の一部を負担するだけで治療を受けることができるのです。

健康保険に入れば、その扶養家族も同様に保険を受けることができます。

もし、保険に入っていないとなれば、かかった医療費のすべてを自分で負担しなければならなくなります。

自己負担率は3割で済みますから、全額負担となれば大変なことになるはずです。